派遣業務の依頼について

 

「請負」と「派遣」の違い

「請負」と「派遣」の違い
 
 派遣は、シルバー派遣会員が、派遣事業者である「公益財団法人 東京しごと財団」と雇用関係を結び、派遣先の事業所(会社等)で、他の従業員と同様に、派遣先の指揮命令を受けて働くことです。これまで行っている「請負」とは全く異なる仕組みです。
 なお、仕事の期間や内容は、「請負」と同じで、「臨時的かつ短期的又はその他の軽易な業務に関わる就業とし、概ね月10日程度以内、一週間あたり20時間未満の就業であること」とされています。
 

就業の仕組み

就業の仕組み
 
1 シルバー人材センターの会員の中で、シルバー派遣に登録した会員が、センターから提供された「受注情報」や紹介によって就労の意思を連絡します。
 
2 就労の意思を受けたセンターは、発注者から提示された具体的な就業条件等を会員に明示します。
 
3 センターは、明示された条件を了解した会員に対し「派遣労働者雇用通知書(兼)就業条件明示書」を交付し、派遣労働契約を締結します。
 
4 会員が就労します。会員は就業中「公益財団法人 東京しごと財団」と雇用関係が生じ、労災保険の適用を受けます。
 

発注の仕方

発注の仕方
 
  派遣業務を発注ご希望の際は、事前にお電話で問合せをお願いします。

  問合せ先(月~金(年末年始、土日祝日は休み) 午前9時~午後5時)

  「公益財団法人 東京しごと財団 大田派遣事業所(大田区シルバー人材センター)」

  0120-200-027

  派遣業務だけでなく、「請負」か「派遣」かお迷いのご相談にも応じます。

  先ずはご一報ください。

   
FAXでのご注文
発注票 ( 2016-09-07 ・ 95KB )